内定者とのコミュニケーションを簡素化するとともに、内定者の早期育成をしたい

導入企業名

大手損害保険会社

導入前の課題

  • ・内定者がゆえに、強制的な教育は行えない。
  • ・内定者の人数が多いため、人事にとっては連絡を取るのがとても負担。

運用方法

STUDIOを通して入社前に社会人としてのビジネススキルを学んでもらうのはもちろんのこと、主体的に学ぶということを身に着けるためにeラーニングを導入しました。8大スキルアセスメントを利用することで、内定者が自分に足りないスキルを明確にでき、自ら学べるような仕組みを作ることが出来ました。内定者にとって、社会人になるまでに何を学習しておけばいいかという不安があるので、eラーニングを行うことによってある程度安心感を与えることができます。加えて、内定者の辞退も抑止できます。
また研修管理機能を有効利用して、健康診断の案内や懇親会のお知らせなどの事務連絡ツールとして使用しました。これにより大幅な人事の負担軽減に繋がりました。

解決方法

  • ・自発的に学ぶ環境をSTUDIOによってつくれた。
  • ・研修管理機能の活用

お問合せ

お電話でのお問合せ

03-3518-0611

WEBでのお問合せ