ビジネス文書講座

概要

相手に伝わりやすいビジネス文書を書くことは、社会人として必須のスキルです。​
本スライドでは、ビジネス文書の基本的な書き方を習得します。
カテゴリ
新人・若手向け
対象
全従業員
形式
スライドで学ぶ​
時間
0:19:14

カリキュラム

文書制作の基礎

内容
1.はじめに​
2.ビジネス文書の目的を明確にする​
3.ビジネス文書の種類​
4.ビジネス文書の種類​
5.読みやすい文書を書く​
6.レイアウトを見やすくする​
7.読みやすい表現で文章を書く
8.本文内容が想定できる課題​
9.ひとつ一つの文を短く​
10.主語と述語を対応させる
11.内容は具体的に詳しく​
12.わかりやすい言葉を使う
13.おわりに​

メールの定型レイアウト

内容
1.メールの定型レイアウト​
(1)ひとつの案件につきひとつのメールにまとめる
(2)長すぎず読みやすい簡潔なメールを心がける​

2.ビジネスメールのレイアウト​
(1)ビジネスメールの構造​
①わかりやすい件名​
②宛名​
③書き出し​
④本文​
⑤署名​
(2)本文を書く​
①文章量は絞り、コンパクトにまとめる​
②一行は30~35文字程度が望ましい​
③引用は最低限に収める​
④段落と段落の間は一行空ける​
⑤本文の終わりには「以上」を忘れずに​
(3)署名をかく

  

報告書の定型レイアウト

内容
1.報告書の作成にあたって​
(1)A4一枚に簡潔にまとめる​
(2)報告すべき案件が起きたらすぐに​
作成する​

2.報告書のレイアウト​
(1)日付​
(2)宛先​
‥‥署名・役所名を併記すると丁寧な印象 ​
を与える​
(3) 差出人(場合により押印する)​
(4)標題(一行)​
(5)本文​
‥‥定型文を活用すると書きやすい​
(6)記書き​
(7)報告事項(状況説明)​
(8)内容要旨(50~100字)​
(9)詳細内容​
(10)所見​
‥‥この部分にのみ自分の意見を書     ​
ことができる​
(11)添付資料​
(12)右詰め「以上」

本プログラムは株式会社インソースビジネス文書(文書作成の基礎・メール、報告書の定型レイアウト)研修の内容をeラーニング化しています。

関連教材

お問合せ

お電話でのお問合せ

03-3518-0611

WEBでのお問合せ