論理的なコミュニケーション講座

対象
内定者から管理職まで
形式
講師登壇型eラーニング(インソースのファシリテーション研修登壇実績の豊富な講師が登場)
内容
論理的な話の構成方法、わかりやすい伝え方について、話す/書くの両方について理解するためのeラーニングです。コミュニケーションのプロフェッショナルである講師が実演し、解説します。
カスタマイズを
するならば
貴社の提案書を用いた説明の仕方や、社内でよく見かける良い例/悪い例の再現映像などを制作します。
カスタマイズに際しては、タレント費用、ロケ費用、企画費用を加算させていただきます。

研修プログラム例

時間 内容 形式
52分
1.伝えるとはどういうことか
(1)「うまく伝わらない」の背景にあるもの
(2)「伝える」ために必要な3つの要素
(3)事前準備が大きな差を生む
講義
2.話の組み立てを考える
(1)話の組み立ては伝えたいことを構造化する
(2)「構造化」のパターン
(3)階層的に整理する
3.話の展開を考える
(1)結論の位置を決める
(2)「型」を活用する
(3)「帰納法」「演繹法」を活用する
4.「書くこと」で伝える
(1)「書くこと」特有の難しさとは
(2)「書くこと」の基本と組み立て
(3)「表題」「項目」「本文」の役割
(4)分かりやすい文章のポイント
5.「話すこと」で伝える
(1)「話すこと」特有の難しさとは
(2)本番までの3ステップ
(3)話し方のポイント

お問合せ

お電話でのお問合せ

03-3518-0611

WEBでのお問合せ