OJTの進め方講座

対象
中堅社員から管理者まで
形式
スライド+ナレーション
内容
OJTの進め方について、必要な知識を短時間で体系的に学ぶことができます。
まずOJTトレーナーに求められる資質や、OJT期間を通して目指すべきゴールを学ぶことで、OJTの全体像をつかみます。次に育成計画の立て方など、具体的な進め方を、例を踏まえて解説します。これらの知識をスライドで要点を押えて学ぶことで、社内での指導方法のばらつきを減らすことが期待できます。
カスタマイズを
するならば
指導方法のケース映像の制作、挿入が可能です。貴社独自の映像を織り交ぜることで、より実践的なOJTの進め方を学ことができます。
カスタマイズの場合、タレント費用、ロケ費用、企画費用を加算させていただきます。

研修プログラム例

時間 内容 形式
約30分
1.OJTで目指すゴール
(1)「実務能力」を習得させる
(2)「考え方の軸」を確立させる」
スライド+ナレーション
2.OJTを進めるうえで欠かせないこと
(1)育成計画を立てる
(2)育成計画を完了させる
(3)適切なタイミングと継続可能な環境づくり
3.OJTトレーナーに求められるもの
(1)組織としての方向性の理解
(2)自信に裏打ちされた強力なリーダーシップ
(3)覚悟と責任
(4)部下・後輩の悩みや不安のケア
(5)事故の再確認
4. 育成計画を立てる
(1)目標を設定する
(2)目標を細分化する
(3)指導を行う、適任者を割り振る
5. OJTを進める
(1)指示の仕方
(2)指示した内容の確認
(3)報告させる際の留意点
(4)相談を受ける際の留意点
(5)効果的なほめ方
(6)「叱る」ということの理解
(7)不平不満の受け止め方/td>

ミテモが解決できるOJT・現場育成のお悩み

近年、OJTでの人材育成が難しくなっているというお悩みをよく伺います。
現場のフラット化(育成する人材の不足)や、後輩育成意欲の低下によって 現場ではOJTの機能不全が起きているのです。 例えば、OJTに関して下記のようなお悩みを抱えていないでしょうか?

ミテモはこれらのOJTや現場育成に関するお悩みを解決します。

「効果的なOJTの進め方」を体系的に学ぶ

現場での指導、ОJTは人材育成の要ですが、「OJTとは何か」 「具体的にどのように進めればいいのか」を体系的に学ぶ機会は少ないです。
ミテモのeラーニングではOJTを我流で進めるのではなく、 OJTの意義・目的、および全体像の正しい理解や、 育成計画の立て方、指導方法等の具体的なスキルを学びます。

お問合せ

お電話でのお問合せ

03-3518-0611

WEBでのお問合せ