クレーム対応(法人訪問編)講座

対象
新入社員から管理職まで
形式
ケース映像
内容
ご迷惑をおかけした相手にお詫びの気持ちを伝え、解決に導くためのクレーム対応における4つのポイントを実演映像の中で解説します。
実演形式のeラーニングですので、イメージが湧きやすい教材となっております。
カスタマイズを
するならば
貴社特有のクレームなど、貴社に応じた事例などを盛り込み、そのクレームに対応する方法などを動画で解説することもできます。
カスタマイズに際しては、タレント費用、ロケ費用、企画費用を加算させていただきます。

研修プログラム例

時間 内容 形式
6分
1.はじめに 映像
2.まずはお詫び
・お客さまが席についたら、こちらから先にお詫びを述べる
3.相手がお詫びを受け入れるまで聴く
・お詫びの言葉+共感のあいづち
・解決策を提示する前に、事実関係を確認する
4.クッション言葉+5W1Hの質問
・クッション言葉を活用しながら、5W1Hを基本に質問し、事実関係を確認する
5.クッション言葉+限定質問で解決策を提示
・「はい/いいえ」で簡潔に回答できる質問を用いて、解決策を提示する
6.おわりに

お問合せ

お電話でのお問合せ

03-3518-0611

WEBでのお問合せ