分かりやすい資料の作り方講座~デザイン編~

対象
全従業員
形式
スライド+ナレーション
内容
説明会や会議でのプレゼンテーション、営業活動などで使用するスライド、配布資料を作成する際におさえておきたいポイントを学習します。
若手社員はもちろん、改めて資料作りの復習にも活用できる映像教材です。
カスタマイズを
するならば
貴社指定のフォーマット等を使用することで、貴社オリジナル教材の作成が可能でございます。

研修プログラム例

時間 内容 形式
17分
0.分かりやすい資料(スライド)の作り方
(1)整理整頓とは
①整理整頓するものは「情報」「見た目」
②「情報」の整理整頓ポイント
③「見た目」の整理整頓のポイント
スライド+ナレーション
1.文字編
(1)文字の選び方
①スライドは基本ゴシック体
②判読性の高いフォントを選ぶ(和文)
③判読性の高いフォントを選ぶ(欧文)
④太字対応のフォントを選ぶ
⑤おすすめフォントはメイリオ・游ゴシック(Win8)
2.強弱をつける
(1)強弱が必要な理由
(2)文字の強弱は、太さや背景、色、サイズをつける
(3)スライド上での文字の目安
(4)NG:文字を飾り過ぎる
3.揃える・グループ化する
(1)揃えられるものは揃えて配置
(2)見えない線(グリッド線)を意識して配置する
(3)グループ化する
(4)キャプションは高さや幅を図に合わせると美しい
4.余白を適切にとる
(1)余白を適切にとって配置する
(2)余白のない資料は窮屈で読みづらい
(3)NG:載せたい情報が多くて余白がなくなった
5.色
(1)色を上手に使うポイント
(2)色数は合計4色にすると、まとまりやすい
(3)もっと色を使いたいときは濃淡をつける
(4)明度のコントラストをつける
(5)彩度の高すぎる色を多用しない
(6)色覚バリアフリー

お問合せ

お電話でのお問合せ

03-3518-0611

WEBでのお問合せ