Office2010 Excelの使い方 ~応用講座~講座

対象
内定者から管理職まで
形式
スクリーンキャプチャ+講師音声
※スクリーンキャプチャとは実際に操作している画面を示すことで、視覚的に理解しながら学習できる方法です。
内容
本講座では主業務でOfficeを扱い、基本的なエクセル機能には慣れている方向けに、実務で役立つ使い方を、スクリーンの動画と音声で解説します。ピボットテーブル、フォーム、関数、マクロなど、エクセルのワンランク上の活用方法を学ぶ講座です。
言葉だけでは伝えにくい、画面上での表現や操作方法を目で見て学習できるので、スキルの習得が早く確実です。動画を何度も見て学習できるので、実務で困った時に参照するといった使い方もできます。
カスタマイズを
するならば
一般的な操作説明に加えて、業務上よく用いる機能や操作方法を盛り込んだケース映像を制作いたします。
カスタマイズに際しては、企画費用を加算させていただきます。

研修プログラム例

時間 内容 形式
46分
1.ピボットテーブル
(1)ピボットテーブルの作成
(2)ピボットテーブルの操作
(3)ピボットテーブルの更新・データソースの変更
(4)スライサーの使い方について
(5)レポートフィルターの使い方
(6)ピボットテーブルのレイアウト
(7)データのないアイテムを表示したい
(8)ピボットテーブルを使ったデータ抽出
(9)ピボットグラフの作成方法
スクリーンキャプチャ+ナレーション
2.フォームコントロールの使い方
(1)開発タブを表示する
(2)チェックボックスを使って入力する
(3)オプションボタンを使って入力する
(4)スピンボタンを使って値を増減する
(5)リストボックスを使って入力する
(6)コンボボックスを使って入力する
3.テーブル機能
(1)テーブル機能について
(2)テーブルへ行や列を追加する
(3)テーブルでの集計
4.マクロ機能
(1)マクロの自動記録を利用する
(2)マクロを含むブックを保存する
(3)マクロを実行するボタンを作成する
(4)マクロを有効にする
5.データの集計
(1)データの集計
(2)集計データのコピー
(3)データの統合
(4)特定の項目だけ統合したい場合
6.関数
(1)関数の入力
(2)条件
7.Excel関数の使い方
(1)関数について
(2)合計 SUM
(3)条件付きで合計する SUMIF
(4)平均値を求める AVERAGE
(5)条件付きで平均する AVERAGEIF
(6)セルを数える COUNT
(7)条件付きでセルを数える COUNTIF
(8)四捨五入 ROUND
(9)切り上げ/切り捨て ROUNDUP/ROUNDDOWN
(10)順位 RANK
(11)文字の長さ LEN
(12)文字を取り出す LEFT
(13)文字を探す/比較する FIND
(14)文字を取り除く CLEAN
(15)文字を置き換える SUBSTITUTE
(16)数値を文字列に変える TEXT
(17)文字列をくり返し表示する REPT
(18)一致した値を返す LOOKUP
(19)一致した値を返す VLOOKUP
(20)セル位置を返す ROW・ROWS
(21)現在の日付/時刻 TODAY() NOW()
(22)曜日を求める WEEKDAY
(23)営業日を調べる WORKDAY
(24)営業日数を調べる NETWORKDAYS

お問合せ

お電話でのお問合せ

03-3518-0611

WEBでのお問合せ