ファシリテーション講座

対象
若手社員から管理職まで
形式
講師登壇型eラーニング(インソースのファシリテーション研修登壇実績の豊富な講師が登場)
内容
ファシリテーターには、より多くの建設的な意見を引き出し、そこから合理性の高い結論へと収束させ、次のアクションへとつなげるスキルが必要です。
本eラーニングでは時間を効率的に使いながら、参加者全員が納得できる会議の準備の仕方・進め方を学びます。
プロ講師が実演して解説する映像を見て学べるため、会議におけるコミュニケーションスキルを正しく習得できます。講師のお手本動作を真似ることで、実務で役立つスキルを習得することができます。
カスタマイズを
するならば
お客さま先でよくある会議シーンの再現、社内プロジェクトの進行方法の具体的なガイダンスなど、即現場で活用できるように映像教材を挿入することができます。
カスタマイズに際しては、タレント費用、ロケ費用、企画費用を加算させていただきます。

研修プログラム例

時間 内容 形式
70分
1.ファシリテーションとは?
(1)ファシリテーションの目的
(2)ファシリテーターのいない会議にありがちな問題
(3)ファシリテーターの役割 ~プロセスに関与する
(4)ファシリテーションにおける心構え
(5)ファシリテーターに求められる4つの能力
講義
2.場のデザインスキル ~会議の準備方法
(1)目的を明確にする
(2)目標を設定する
(3)進め方(タイムテーブル)を決める
(4)ルールを決める
(5)役割分担を決める
(6)空間としての場を決める
3.対人関係のスキル ~参加者から意見を引き出す
(1)「傾聴」スキル
(2)「介入」のスキル
(3)「観察」のスキル
(4)「質問」のスキル
(5)「話す」スキル
4.構造化のスキル
(1)要点を見つけ
(2)関係を見つける
5.合意形成スキル ~まとめた意見から会議の結論を出す
(1)合意形成における役割
(2)対立する意見とうまく付き合う
(3)意思決定の支援
(4)合意形成支援のポイント

本プログラムは株式会社インソースファシリテーション研修の内容をeラーニング化しています。

チームの成果を最大限に高めるためのファシリテーション

意見を引き出し、合意形成を導く会議運営スキルを習得します

ファシリテーションとは、会議を運営・進行することです。 そして、組織・チームで仕事を進める際に、会議・打ち合わせは必須の機会です。

なぜならば、メンバー全員が自分の意見を出して、アイデアを発散させたうえで、 全員が合意することで初めて、チームワークが発揮され成果が出るからです。

特に、会議が頻繁にある組織では会議運営のスキルを高めておくことで、 大幅な業務改善、コスト削減にもつながります。

スキルを共通認識することで、会議の方向性を踏まえて意見を述べることができます。 これにより「短時間で結論を出せる会議」が実現でき、 「書類をただ読み上げる」ような「ムダな時間」を減らすことができます。
また、IT環境の発達による遠隔会議やネット上での意見交換の際にも、 会議運営スキルが役に立ちます。

会議を効果的に進めるための「4つのスキル」を習得します

会議・打ち合わせは日常的に行われているため、 なんとなくこなしてしまってはいないでしょうか。 実際、会議に参加した際に
「自分が出席する必要があるのだろうか」
「偏った意見ばかりが注目されているような気がする」
といった感覚は身に覚えがある方が多いかと思います。

ミテモのeラーニングでは成果につながる会議を実現するために、 場のデザイン、対人関係、構造化、合意形成のスキルを習得します。また、eラーニングには、短時間のケース映像が含まれており、 「4つのスキル」を実際に活用する様子をイメージすることができます。 話の切り出し方やタイミング、言葉のニュアンスなど、 映像教材だからこそ学べるスキルを習得できます。

集合研修のファシリテーション模擬演習で、スキルの理解度を高めます

eラーニングを受講した後に、集合研修でファシリテーションの演習を重点的に行う 研修設計もお勧めです。

映像で学んだスキルを、実際に模擬会議にて演習するため、スキルの理解が深まり、 実務に即活用できるようになります。

インソース・グループでは年間100回以上ファシリテーション研修を実施しており、 eラーニングと研修を組み合わせたスキル定着のご支援もお勧めしています。

会議の効率化による業務改善などご検討のお客さまは、ぜひともご相談くださいませ。

お問合せ

お電話でのお問合せ

03-3518-0611

WEBでのお問合せ