海外赴任者研修(講義型)講座

対象
内定者・新人
形式
講師登壇型eラーニング
内容
海外赴任の際、異文化になじみ、その土地でのルールに則って仕事をしていくことは困難を伴うことです。異文化コミュニケーションの心構えを予め理解しておき、スムーズに現地になじむ準備をしましょう。
また、業務においても、文化の違いにより、人材や業務をマネジメントする上でのポイントが日本とは異なります。海外でのビジネスの特徴を学び、自分に求められる役割をよく理解して海外赴任に臨みましょう。
カスタマイズを
するならば
貴社の海外赴任先に合わせて、現地の文化やコミュニケーションなどを構成し、貴社オリジナル映像の作成が可能です。

研修プログラム例

時間 内容 形式
79分
0.はじめに 講義
1.異文化理解の意義
(1)文化の違いがもたらす影響
(2)カルチャーショックを緩和するために
(3)異文化理解への心構え
2.異文化コミュニケーション
(1)コミュニケーションの違い
(2)個・集団意識の違い
(3)ビジネスにおける価値観の違い
(4)価値観の違いを考慮したコミュニケーション
3.海外赴任者の役割
(1)海外赴任者に求められる役割
(2)日本と海外での役割の違い
4.現地での人材マネジメント
(1)共通でつかえる人材マネジメントのポイント
(2)海外でのチームのマネジメントのポイント
(3)海外での人材評価のポイント
5.海外での業務マネジメント
(1)経営方針を理解する
(2)現地法人での目標設定
(3)現地スタッフに対する目標設定
(4)計画を具体化する
(5)部下への説明責任を果たす
(6)リスクマネジメント
6.おわりに
7.参考資料

お問合せ

お電話でのお問合せ

03-3518-0611

WEBでのお問合せ