営業基礎講座

対象
新人・若手(入社2~3年目まで)
形式
講義+映像
内容
営業担当者としてのマナーや基本的な商談の流れを学ぶことにより、営業としての基本的な知識を学んでいただきます。また、実演映像もありますので、実際の状況を想定しながら、学習することができます。
マナー・話のきき方などの基本的な営業動作を繰り返し復習し、習慣化することで、持続的に成果の上がる営業人材を育成することができます。
カスタマイズを
するならば
営業でのキーとなる営業電話のかけ方、商談の仕方をケース映像で制作します。また、会社・業種・業界で異なる営業アプローチの仕方を、貴社に合わせて設計し、内容に盛り込むことができます。
カスタマイズに際しては、タレント費用、ロケ費用、企画費用を加算させていただきます。

研修プログラム例

時間 内容 形式
66分
1.営業担当者としてパワーアップを図る
(1)お客さまに自分を「認知してもらう」
(2)基本的な成約までのステップ
(3)訪問のポイント1~準備以上の成果なし!
(4)訪問のポイント2~アポなし訪問
(5)訪問を充実させる・訪問先数を増やす
講義+映像
2.信頼される営業担当者としてのビジネスマナー
(1)ビジネスマナーとは~相手に対する配慮
(2)第一印象の重要性
(3)訪問先で相応しい表情・態度
(4)お客さま先を訪問する際の身だしなみ
(5)あいさつ
3.基本的な商談の流れ
(1)商談に向けての準備
(2)商談の最初にまず話すこと~相手の気持になって話す
(3)話すよりお客さまの話しを聴くのが商談の基本
(4)情報収集のポイント
(5)セールストークはお客さま中心に表現する
(6)プレゼンテーションペーパーのポイント
(7)商談における演出
(8)クロージングのポイント
おわりに
・実演映像 個人宅訪問の心構え

本プログラムは株式会社インソース営業基礎研修の内容をeラーニング化しています。

基礎的な営業力は、持続的な成果を生み出し企業の成長を実現します

今求められる基礎的・汎用的な営業力とは?

「今求められる汎用的な営業力とは何か」を考えたとき、

と言えるのではないでしょうか。
環境変化のスピードが早く、企業の業績が上下しやすい現代では、 今ある方法でうまくいても、次に同じ方法を利用したら全くうまくいかない、 という可能性が大いにあります。
では、このような変化に富んだ環境への適応力とはどのような能力なのでしょうか。
それは「相手のニーズに対して適切に応える」、基本に立ち返って実践する能力です。 理由はビジネスが人と人の関係でできているためです。 例えば、相手自身も気づいていない相手のニーズを洞察し、 それを商品化したり言葉で伝えることで相手は満足するはずです。
そのことを社外でも社内でも体現することが営業の基本なのではないでしょうか。

人としての基礎を身につける方法 「基本的な営業動作を習得化する」

人としての基礎は、他人への対応に表れます。 社内の人にはできて、社外の人だけにできるというようなことではいけません。本当に営業力のある人は全ての人に平等に対応し、かつ適切な対応をしています。
このスキルを身に付けるには、基礎的な内容を何度も学習し業務経験を積みながら、振り返る機会が必要です。
弊社のeラーニングはテキストも併用し、何度も見返しやすい教材になっています。 マナー・話のきき方などの基本的な営業動作を繰り返し復習し、習慣化することで、持続的に成果の上がる営業人材を育成することができます。

「挫折経験」から環境に適応する能力を習得する業務プロジェクト研修

環境に適応できる人材の特長は、 「相手の意見を本気で聞き入れ新しい意見を確立できる」ことです。 この特長を獲得するための最も効果的な方法は、挫折の経験です。

挫折とは、自分である物事をコントロールできず身動きがとれなくなり、 敗北感や無力感を感じる体験です。 そうした体験のある人は相手の意見を聞き入れ、自らの否定や統合によって、
新しい自分を確立しています。

ミテモではeラーニング受講と集合研修をセットにすることをお勧めしています。 なぜならば、eラーニングで学んだ知識を集合研修にて演習し、受講者同士や講師のフィードバックを得ることでスキル定着を図ることが出来るからです。

さらに実際のプロジェクトを想定した業務プロジェクト実践形式の集合研修で、eラーニングの知識を実務にお取り込むことが出来ます。 業務プロジェクト実践の中では「挫折」を設計することもできますので、 環境の変化に対応・適応できる営業スキルを高めることもできます。

お問合せ

お電話でのお問合せ

03-3518-0611

WEBでのお問合せ